過払い金とは?グレーゾーンを知ることで過払い金のことが分かる!

過払い金とは?グレーゾーンを知ることで過払い金のことが分かる!

相談

過払い金請求とは何か?

過払い金とは、簡単に説明すると、債権者に対して払いすぎたお金のことです。その払いすぎたお金の請求を、過払い金の請求といいます。消費者金融には利息制限法という利息に関する法律が定められています。これにより利率が決められているのです。利息制限法を無視して、設定された高い利率は無効にされます。もうひとつ利息に関する法律があります。それが、出資法です。出資法は、利息制限法と違い債権者に刑事罰が科されます。

グレーゾーンについて

利息制限法と出資法は、互いに上限としている利率が異なります。出資法の方が上限になっている利率が高いです。ふたつの間に出来た利率の差がグレーゾーンとなります。貸金業者は自分たちの利益を少しでも大きくしようと本来の利息より高いグレーゾーンの利息を払わせようとする場合もあります。出資法の上限を越えなければ刑事罰にならないので、グレーゾーンの中で利息を設定していた業者が数多くあります。法律で定められた利率より高い利率を支払っていた人は、過払い金の請求が可能です。

利息制限法と出資法の違い

利息制限法

借入金額が10万円未満の場合は、利息が20%まで。10万円以上100万円未満の場合は、利息が18%まで。100万円をを超える金額を借入する場合は、15%までと決められています。出資法より比較的低い利率となっています。

出資法

利息制限法は、借入する金額により細かく利率が設定されていましたが、出資法はちがいます。出資法は上限が一律29.2%と決められています。利息制限法と比較するとかなり高利率であることがわかります。多くの貸金業者が、この利率を使用していました。

過払い金請求時の司法書士・弁護士の選び方

no.1

1.事務所の信頼度を見る

一番は依頼者と事務所の信頼関係を築けるかです。信頼できない事務所に依頼するとトラブルの元になってしまいます。助けてもらうために依頼したのにトラブルが起きてしまうのは本末転倒です。信頼できる事務所は、弁護士、司法書士が無料相談時に直接面談をしてくれるかでわかります。利益の出ない相談は、事務員に任せている事務所があります。そういった事務所は、利益を優先していて依頼者のことを考えていない可能性があるので気をつけましょう。

no.2

2.過払い金専門の事務所か

同じ司法書士や弁護士であっても、経験はピンキリです。なので依頼をする時は、経験を見る必要があります。経験を簡単に確認する方法は、専門的に過払い金請求を行っているかどうかです。専門的に行っていて他の業務はおまけ程度なら十分に経験があるといえるでしょう。福岡には、過払い金の請求を専門的に行っている事務所がたくさんあるので利用しやすいです。

no.3

3.費用の透明性

過払い金請求は金額が大きくなればなるほど弁護士の報酬が大きくなります。なので、初めに報酬率を確認しておかないと取り返したお金のほとんどを取られてもおかしくありません。なので費用の見積もりを必ず取ってもらうようにしましょう。見積もりを拒否したり報酬についての説明がない場合は、利用をしない方がいいでしょう。

no.4

4.報酬率の低さだけで選ばない

報酬率はある意味弁護士の実力表すひとつの指標であるといえます。なので報酬率の低さを重視しすぎると、返還額が少なく結果的に自分が損をしてしまいます。できれば弁護士の費用が低すぎる弁護士は利用しないようにしましょう。もちろん報酬率の低さは大事ですが交渉力の高さを優先しましょう。

no.5

5.裁判を積極的に行ってくれるか

過払い金の請求は年々増えています。なので貸金業者も和解交渉には応じないようになってきています。裁判を起こした方が、多くの過払い金を取り戻す可能性が高いです。本来取り返せるはずの過払い金に対して、全力で戦ってくれる事務所を選びましょう。無料相談の段階で裁判をする前提で話してくる事務所を選べばいいでしょう。

広告募集中